考えた手法で毎日利益を出せるようになっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サブプライム問題とは何か
サブプライム問題とは何か
価格: 735円
販売元: 楽天ブックス

アメリカ帝国の終焉宝島社新書 著者:春山昇華出版社:宝島社サイズ:新書ページ数:207p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)世界の好況は、借金漬けのアメリカ人のおかげだった。だが、サブプライム問題が歯車を狂わせた…。ブラックマンデーを乗り越え、30年間相場で生きてきたプロが「サブプライム」の正体を解き明かす。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ ステップ返済がサブプライムローンになる時!/第1章 住宅バブルを生んだ社会的な背景、時代的理由/第2章 サブプライムが略奪的貸付に変質した理由/第3章 サブプライム問題の露呈?歯車が逆回転を始めた/第4章 サブプライム問題への対策と現実?住宅バブルを後押しした証券化/第5章 サブプライム問題の今後/第6章 終わりのはじまり?アメリカ帝国の終焉【著者情報】(「BOOK」データベースより)春山昇華(ハルヤマショウカ)1978年京都大学法学部卒。1984年の円債・外債・為替の投資経験を端緒にして、87年からロンドンで世界中の株と債券を組み込んだ国際分投資に3年間従事。オフショア登録ファンドでトップの成績を記録。帰国後は、国内系、外資系の投資顧問会社などで年金基金の運用に従事したのち、投信の立ち上げと内外株式のCIOなど多彩な活躍。現在は金融機関で運用関連業務に携わる。個人投資家の投資立国の必要性を感じ、投資知識の普及を目指してを1996年よりネットで活躍。最近は日本・中国・アメリカへの投資を話題としたブログが人気を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> マネープラン> 不動産・住宅ローン



スポンサーサイト
「マイホーム」賢い人はこうして買う!
「マイホーム」賢い人はこうして買う!
価格: 1,155円
販売元: 楽天ブックス

夢をかなえる資金計画(秘)テクニック 著者:吹田朝子/高田晶子出版社:PHP研究所サイズ:単行本ページ数:172p発行年月:2006年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)著者たちが多くの住宅取得資金設計や住宅ローン選び相談などを受ける中で見えてきた、実際的なポイントを中心にまとめた本。実際に家を買うときに陥りがちな問題点や多くの読者が悩む点、長期的な判断のためにぜひ頭に入れて行動してほしいことなどを中心に整理し、知って役立つ情報もふんだんに取り入れている。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 マイホームの衝動買い!?怖くて見ていられない住宅購入と資金準備の実態/第2章 これなら安心、マイホーム取得資金計画はこれだ!/第3章 住宅ローン申し込みから決済までの流れ/第4章 登記の名義によってお金にも影響/第5章 買い換えをする場合/第6章 住宅を取得するときは家計の見直しも大事【著者情報】(「BOOK」データベースより)吹田朝子(スイタトモコ)ファイナンシャル・プランナー(CFP)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー。1989年一橋大学卒業後、生命保険会社に入社。企画・予算管理を経て1994年に独立。STコンサルティング(有)代表取締役。WAFP関東(女性FPの会)の会長も務める。個人相談の他、住宅ローンセミナーなどでも活動中高田晶子(タカダアキコ)ファイナンシャル・プランナー(CFP)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー。1985年東京女子大学卒業後、信託銀行入社。不動産業務に従事。その後、不動産コンサルティング会社を経て1996年に独立、(有)ケー・アンド・エム コンサルティング代表取締役。各種セミナー講師や相談業務、マネーコラム執筆等を中心に活動豊田眞弓(トヨダマユミ)ファイナンシャル・プランナー、住宅ローンアドバイザー。経営誌や経済誌、女性誌と広く手がけるライターとして個人事業を展開後、1995年より独立系FP。マネーコラムの寄稿や監修、相談業務、セミナーや講演などで活動中。民間の住宅資金相談コーナーの相談員も務める。早稲田大学政治経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> マネープラン> 不動産・住宅ローン



Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。