考えた手法で毎日利益を出せるようになっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ど素人がはじめる不動産投資の本
ど素人がはじめる不動産投資の本
価格: 1,449円
販売元: 楽天ブックス

100万円台の自己資金で大家さんになろう 著者:国房啓一郎/中川寛子出版社:翔泳社サイズ:単行本ページ数:206p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する今までなかった不動産投資の超★実践ガイド!100万円台の自己資金ではじめるサラリーマン大家さんへの道!!不動産投資は株のように、ある日突然倍になるような、大儲けできる投資ではありません。しかし逆に、突然半分になるようなリスクもありません。物件を探して購入し、入居者を見つけるまではそれなりにやるべきことも少なくありませんが、一度入居者が決まってしまい、問題が発生しなければ、基本的には更新になる2年後までは何もやらなくても問題ありません。頻繁に市場動向に気を配り、売り買いをしなくてはいけない株などに比べると、サラリーマン向きの投資といえます。もうひとつ株と大きく違うのは、金融機関からお金が借りられること。多少の現金はもちろん必要ですが、最初の投資で成功すれば、それを足がかりに投資を増やすこともできます。その意味でもサラリーマン向きの投資と言えるかもしれません。(ただし、新築の投資用マンションはおススメしません。というのは、今新築で売られている投資用マンションはサイドビジネスとして始めるには高すぎるうえに、10年後には入居者がいなくなりそうな程度の広さしかありません。こうした物件で儲けられると思うのは、どうかしています。)では、どんな物件がいいのか。ズバリ、事情があって個人が売りに出しているような中古物件です。そんな物件を安く買って、高く貸す。これが不動産投資の基本です。しかし問題は、情報がないことです。新築の投資用マンションについては、そうした会社が広告などを出し(ほとんど信用できませんが)、物件情報など簡単に入手できます。購入を決めたら、銀行を斡旋してくれもするでしょう。しかし、一人で確実に儲けるための不動産投資についてはほとんど情報がないのが現実です。本書の特徴は、ここにあります。【内容情報】(「BOOK」データベースより)「ローン金利10%でも勝ち続ける!」ワンルームマンション投資の極意。鈴木みそによる漫画ルポを特別収録。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 不動産投資のキホン?1000万円以下の物件で利回り10%超えを目指そう!/第2章 賃貸市場をチェック?「自分が住みたい」物件選びで空室リスクをやっつけろ!/第3章 物件の探し方?不動産会社探しからはじまるお宝物件への道!/第4章 収支面からの物件チェック?賃貸相場と将来性を見極める情報収集のコツ!/第5章 物件そのもののチェック?建物の強度、管理の具合、入居者のマナーを調べよう!/第6章 資金調達と契約?投資の成功を左右する事前準備と段取りのコツ!/第7章 入居者探しと維持?仲介会社の選び方&自力でできる経営努力のコツ!/第8章 お金の管理?「次の投資」に備える管理システムを作り上げよう!【著者情報】(「BOOK」データベースより)国房啓一郎(クニフサケイイチロウ)4年ほど前、かの『金持ち父さん、貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著)で不動産投資の可能性を実感。10年間続けた金融商品の投資を引き上げ、3年前より不動産投資を始める。ワンルームマンシヨン1室を手がかりに、現在は30部屋の不動産を所有。年間1500万円を超える家賃収入を得る。1970年山口県生まれ。F1のメカニックに憧れ入った自動車整備専門学校卒業後、夢を断念し、フリーター。そして無職に。その後、趣味であったパソコンの知識を手がかりにIT会社に勤務。その後1999年にマイクロソフトに入社。そして2006年、不動産投資からの収入を元に、新たな可能性にチャレンジするため、同社を退社。現在は、過去の経験を活かし執筆と新規事業のプロデュースなどで活躍中中川寛子(ナカガワヒロコ)不動産を売る、買う、投資する、貸すなどに詳しいフリー編集者。賃貸に関しては20年以上の編集経験があり、貸す側、借りる側双方からの視点で語れる珍しい存在。不動産市場の変化、今どき貸しやすい部屋などにも詳しい。All Aboutで「住みやすい街選び(首都圏)」のガイドを務めるなど、街選びにも一家言あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用



スポンサーサイト
不動産業独立・開業と実務ハンドブック
不動産業独立・開業と実務ハンドブック
価格: 2,100円
販売元: 楽天ブックス

仲介のプロが教える住宅・不動産実務ブック 著者:喜多信行出版社:住宅新報社サイズ:単行本ページ数:174p発行年月:2005年11月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 不動産業界ってどんなところ?/第2章 開業のための手続き/第3章 営業活動とルール/第4章 営業と取引のヒント/第5章 トラブル時の対応/第6章 社業を発展させる【著者情報】(「BOOK」データベースより)喜多信行(キタノブユキ)1955年、東京都新宿区生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1979年、大手不動産流通会社に入社。新築営業、法人仲介営業、個人仲介営業などを経て今日に至る。中古住宅市場のより一層の整備と発展を志しながら、日々の業務に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 流通



不動産業崩壊
不動産業崩壊
価格: 1,470円
販売元: 楽天ブックス

街の不動産屋と建設屋がつくる新しいビジネス 著者:淺川透出版社:ビジネス社サイズ:単行本ページ数:210p発行年月:2005年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)不動産業と建設業の新しい挑戦、そしてコレボレーション。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 がんばろう!街の不動産屋 でも、このままでいのでしょうか?/第2章 がんばろう!街の建設屋 でも、このままでいいのでしょうか?/第3章 それぞれの街から生まれ変わる不動産業/第4章 恐れるな!侮るな!インターネット?社長!あなたがやらずに誰がやる/第5章 自分たちでつくる全国ネットーワーク?仲間は地方にゴマンといる/第6章 街の不動産屋と建設屋がつくる新しい生き方【著者情報】(「BOOK」データベースより)淺川透(アサカワトオル)1953年長野県生まれ。専修大学法学部法律学科卒業。家業の不動産会社(有)桜井商会の後継として、以降30年の長きにわたり不動産業に従事。2000年9月に(株)レントライフを設立し、フロービジネスからストックビジネスへの転換で、県内に直営店3店舗を開設。2003年4月よりフランチャイズ事業を開始。株式会社レントライフ代表取締役会長。有限会社桜井商会代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 流通



Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。